トピックス
Information

企業サイトは急務?!ウェブサイトの価値向上と安心感を高める常時SSL化

企業サイトは急務?!ウェブサイトの価値向上と安心感を高める常時SSL化

「常時SSL」について改めてざっくりとまとめてみます。

「SSL化」とは

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で通信を暗号化する技術のこと。
SSLを利用してパソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぎます。

「常時SSL」が求められるワケ

Googleが2012年3月に検索サイトを常時SSL化しました。
その後、FacebookやTwitterも追随し、Yahoo!JAPANでは去年末から年始にかけて常時SSL化に関する作業に拍車をかけています。

フォームやログインページ、クレジット情報入力ページで、部分的にSSLを適用しているのはよく見掛けますが
サイト全体をSSL化しようという動きが高まってきました。

なぜ?

Googleが常時SSL化への推進を本格開始したから。
そしてまた、公衆Wi-Fiサービスが増加していることも要因の側面にあるようです。

Google ChromeでSSL化していないサイトを閲覧した際に「安全でない接続をしています」等と警告が出るようになります。
その第一弾として、まずサイト内にフォーム、パスワード入力やクレジット情報入力がある場合に警告が出ます。
該当ページがあるなら、対応を進めないと訪問者は不安をおぼえコンバージョン率やエンゲージメントが低下する可能性もありそうです。

セキュリティリスクを低減することで、ユーザーに対して安全性を提示することが求められてきています。
サイト全体にSSLを適用するとなると追加コストが必要ですが、ウェブサイト利用を健全で安全なものにするためにも、サイトの常時SSL化はもう避けられないと言えるでしょう。
特に企業サイトにおける、常時SSL化は必須事項になってきたようです。

ドメイン認証と実在認証

ドメイン認証とはアクセス先のドメインを保証するSSLです。
実在認証には「企業認証」と「EV認証」という2種類があります。
信頼性を高める身元保証が必要となります。
帝国データバンクなどの第三者データベースに対して、組織情報の照会を行い、代表電話番号への電話による実在確認を行います。
EV認証では、最もセキュリティレベルの高い登記事項証明書による確認が行われます。

Googleの検索順位優遇

Googleは2014年に、「HTTPS(暗号化通信)をランキングシグナルに使用します」と公式に発表しています。
いつになるのか分かりませんが、今後、ホームページがHTTPSであるかどうかがSEO(検索順位)の判断基準になりますよ・・・ということですね。

各企業の対応状況

IT関連やゲーム系開発企業などは既に対応しているようですが、いまのところ大手企業も、対応が遅れているところが多々あるようです。
中小企業は、大手に追随する形になるでしょうから、もっと遅れるかも知れません。
しかし、前述しましたように今後は必須事項になってくるかと思います。

ウェブサイトの信頼性は、ECサイトだけでなく、一般の企業サイトなどでも重要度が増してきています。

企業サイトは対応が遅れないように今年は検討すべき時期かも知れません。

地元密着サービスに力を入れていきます

地元密着サービスに力を入れていきます

浦安で仕事を始めて20年

地元で頑張る人を応援して、一緒に大きくなっていきたい!

・・・だから

地元の会社・個人事業主様だけ、2割引でホームページを制作させていただきます。

エクセルでの集計作業を自動化するといった事務効率化に関するご相談やコンピュータ関係でのお困りごとに無料で対応させていただきます。

電話1本ですぐにかけつけます。お気軽にお問合わせください。

Google「常時SSL化」推進の気になる動き 警告を表示!

SEOに関連する大きなニュースです!

Googleは以前より、ウェブサイトのHTTPS化を推奨してきましたが、ここへきて、常時HTTPSをさらに推し進めるようです!

去年あたりから色々なブログでも話題になっていましたが、いよいよ無視できない時期になってきました。

個人情報を送信するフォームページや、クレジットカードで決済するようなサイトでは、セキュリティを高め、安全にデータを通信するHTTPSが必須でしたが、フォームや決済ページだけでなく、ウェブサイト全体を常時SSL化させ、セキュリティリスクを低減することで、閲覧者に対して安全性を提示することが求められてきています。

去年末から年始にかけて、Yahoo!ショッピングも常時SSL化の対応に追われていました。

未対応サイトでは警告を表示

Googleが提供しているブラウザ(Google Chrome)で閲覧した際に、そのページがHTTPSでなければ「安全ではない」といった内容の警告を出すとのこと。

Google ChromeはIEに次ぐシェアを持っているブラウザですので無視出来ませんね。

しかし、現在はまだ警告は出ません。
じゃ、いつからアドレスバーに警告が出るのか?
Google Chromeのバージョン56からだそうです。
現在の最新バージョンは55.0〜ですので、できるだけ急がねばと思っているところです。

Google Chrome

検索ランキングへの影響は?

Google検索

Googleは、常時SSL化を強く推進していますが、今のところ、検索ランキングに対する影響はないようです。

しかし、これまでのGoogleの動向を見ていますと、近いうちに、警告が表示されていても対応を行わないサイトは、ランキングにマイナス評価を与えるようになるのでは?!・・・と考えます。

もちろんSEOも大事ですしランキングも気になりますが、今後はウェブサイトの利用を健全で安全なものにするためにも、サイトの常時SSL化避けられないのかも知れません。

2016年7月Facebookページのデザインが一新されました

2016年7月Facebookページのデザインが一新されました

一週間ほど前からFacebookページのデザインが随時リニューアルしているようです。

およそ2年ぶりの変更ですね。

デザインが既に変わったページとまだのところなど混在しているようです。

弊社ウェブフィールドは2016年7月27日現在、まだ以前のデザインのため待ち遠しく思っているところです。

2016年7月Facebookページのデザインが一新されました

上の画像は、浦安シーサイドライオンズクラブ様のFacebookページ。

スクショの許可を頂きました。ありがとうございます。

なかなかスッキリしたレイアウトで、スマホ最適化を意識した感じでしょうか。

ウェブサイト制作でも、最近また縦方向のグローバルナビが増えてきましたが、今回、Facebookページもホームや基本データなどのメニューを縦レイアウトしています。

ファッションと同様にウェブデザインも流行り廃りを繰り返していますね。

2016年7月Facebookページのデザインが一新されました

ログインすると、浦安シーサイドライオンズ様のFacebookページは以前のデザインが表示されます。

不思議に思い、キャッシュクリアしてみましたが変わらずでした。

裏で急ピッチでリニューアル作業が行われているようですが、行き渡るまでにはしばらく掛かるのかも知れませんね。

企業のFacebookページは認証グレーバッジをつけよう!

企業のFacebookページは認証グレーバッジをつけよう!

Facebookに認証してもらおう!

Facebookのヘルプセンターには以下のような記述があります。

一部のFacebookページやプロフィールは、Facebookで認証され、利用者にはそれが本物であることが知らされます。Facebookページまたはプロフィールにブルーバッチが表示される場合は、その著名人や媒体提供者、ブランドに対して、そのページまたはプロフィールがFacebookで認証済みであることを示します。Facebookページにグレーバッチが表示される場合は、その事業や団体に対してそのページがFacebookで認証済みであることを示します。

[引用元サイト:https://ja-jp.facebook.com/help/196050490547892]

Facebookから正式に認証されるとブルーバッジやグレーバッジが表示されるようになるそうです。

Facebookページで、この「ページの認証」設定を行うと信頼性が増すってことですね。しかも、検索結果で上位に表示されるようになるとの記載もあります。

企業のFacebookページは認証グレーバッジをつけよう!

ブルーバッジとグレーバッジの違い

ブルーバッジが付くのは著名人や媒体提供者、ブランドに対してと記載がありますね。
有名人、芸能人や影響力の団体や大企業ってことでしょうか・・・・。

では、グレーバッジは?

「その事業や団体に対してそのページがFacebookで認証済みであることを示します。」と明記されています。

現在のところ(2016年7月現在)ブルーバッジの認証リクエストは受け付けていないようですが、カテゴリがローカルビジネスまたは会社・団体のページはグレーバッジの認証が受けられそうです。

カテゴリがローカルビジネスまたは会社・団体のページは、グレーの認証バッジを受けられる場合があります。認証を受けることができるページの管理者であり、プロフィール写真とカバー写真がある場合、ページの[設定]にこのオプションが表示されます。ページの認証には、公開されている事業の電話番号や事業に関する書類(電話料金の領収書など)を使用できます。ページの認証には、この情報だけが使用されます。

[引用元サイト:https://www.facebook.com/help/100168986860974]

Facebookページを認証するには?

Facebookのヘルプセンターから引用します。

ページを認証するには:

ページ上部の[設定]をクリックします。

[一般]で、[ページの認証]をクリックします。

[このFacebookページを認証] > [スタート]の順にクリックします。

公開されている事業の電話番号、国、言語を入力します。

[今すぐ電話を受け取る]をクリックして、Facebookから電話で認証コードを受け取れるようにします。

4桁の認証コードを入力して、[次へ]をクリックします。

事業に関する書類を使ってページを認証する場合、上記の手順に従い、表示されるウィンドウの左下にある[書類の提出でこのページを認証する]をクリックします。次に、事業の名前と住所が記載された公的文書の画像をアップロードします。

Facebookに認証コードまたは事業に関する書類が届いたら、あなたの情報が公開されている記録と一致するか審査され、数日以内にお知らせまたはメールで認証ステータスが送付されます。Facebookページは認証されていなくてもかまいません。

注: 現時点では、お住まいの地域ではブルーバッジの認証リクエストを受け付けていません。

[引用元サイト:https://www.facebook.com/help/100168986860974]

電話番号での認証が簡単なようです。なお、1つの電話番号で認証できるFacebookページは1つのようです。

また、このグレーバッジですがFacebookにログインしていないと見えないようですし、現在のところあまり知られていない情報かも知れません。

企業のFacebookページは、是非、ページ認証しておきましょう!

制作事例

私たちウェブフィールドが手がけたホームページ制作事例の一部をご紹介いたします。

東京、千葉、埼玉を中心に関東一円、その他、長野、京都、秋田など出来る限り訪問し全国のお客様に対応しております。

  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績

MORE