トピックス
Information

ホームページリニューアルのタイミングとメリット

ホームページリニューアルのタイミングとメリット

1年ぶりに弊社サイトの一部をリニューアルをしました。
構造をいじくったこともあり少々時間がかかりました。
内容も更新しております、特にトップページ等。

2016年末から2017年にかけて、HTMLとCSSでは大きな動きがありましたので、いろいろとメンテナンスしておきたいところも多数ありまして・・・。
今回つくづく思ったことは、サイトの見直しやデザインのリニューアルは、やはり1年くらいで実施するのが理想的ですね!

ホームページリニューアルのタイミング

企業のホームページも、1年単位で見直しやリニューアルの検討をすることが理想的だと思います。
しかし、予算などの問題もあり、そのタイミングは様々かと思います。
・会社の創立記念
・社名やロゴが変わるとき
・新しい商品の宣伝をしたいとき…
上記以外にも、ホームページのデザインが古いと感じた時やホームページの機能が劣化したり動きがスムースでなくなった時など。

こんなことを鑑みますと、最低でも3年〜5年でリニューアルは必要ですね。
ホームページは会社の顔であったり、看板であったり、あるいは仮想店舗であったりします。
時代に取り残されているホームページは、逆効果になりますので注意が必要です!

ホームページリニューアルのメリット

ゴチャゴチャを改善し整理整頓

ホームページを数年運営していると、ページ数や画像が増加し、カテゴリー分けも複雑になってきます。
継ぎ足しでひとまず更新は、サイト構造がいびつになる可能性を秘めています。
2〜3年単位で、ホームページ内の不必要になったものを整理整頓することが重要です。
控えめに2〜3年単位と書きましたが、1年単位で整理整頓できれば尚いいですね!
社内の誰が見ても分かりやすく、誰でも更新しやすい状況にしておくことが更新頻度を上げ、結果的に集客アップ、お問い合せアップに繋がっていきます。

事業の変化に対応

ホームページを作った数年前と比べると、事業内容が変わったり進化したり・・・社内業務の様々な変化にホームページも対応させる必要があります。
廃止になったサービスや商品が掲載されている場合には早めに削除が必要ですし、事業の優先順位が変わってきた場合には、メニュー名の変更、ボタンの順番や位置の変更、カテゴリー名の変更など。

事業の変化に合わせ、改めてナビゲーションやサイト構造の改善を行うことでユーザビリティが向上することが期待できます。 引いては、ターゲットを絞った運営に繋がります。

最新のデザインと機能でイメージアップ

前述しましたように、2016年末から2017年にかけて、HTMLとCSSでは大きな動きがありました。
Webの進化はココ数年は特にめざましく日進月歩です。
デザインの流行りも移り変わりが早く、スマホやタブレットで閲覧することが一般的になった昨今では、最新の機能を取り入れている企業も少なくありません。

洗練されたデザインと機能性を備えたホームページは高感度が高くなります。

時代に則した検索キーワード

閲覧するエンドユーザー(お客様)の検索キーワードも年々変わってきます。
経済情報の変化に伴い、新しいキーワードが誕生しています。
ホームページにも取引先やお客様が検索する際に使用するであろう最新キーワードを埋め込むとSEOが強化され、訪問者数やアクセスがアップ。売上に繋がっていくことが想定されます。

ホームページリニューアルのタイミングとメリット

今更だけどEPUB(イーパブ)ファイルどうやって読むの?

今更だけどEPUB(イーパブ)ファイルどうやって読むの?

EPUB(イーパブ)っていったいなに?

EPUBとは、「電子出版」を意味する「Electronic Publication」からとった名称で、 International Digital Publishing Forum (IDPF) (http://www.idpf.org/) が主体となり、仕様の策定や普及を行っている電子書籍を読むためのファイルフォーマットです。

EPUBファイル構造

HTML(ホームページ制作の言語)を土台としており、今後デバイスがなくなった等の理由で読めなくなることはまずありません。

EPUBファイルの構造を簡単に言えば、HTMLファイルをzipでまとめ、拡張子を.epubとしたものです。
ですので、「.epub」ファイルの拡張子を.zipに変更すれば、zipファイルとなり、解凍すればHTMLファイルとして構成を確認することができます。

HTMLファイルとして読めるのですが、ちょっと不便です。そこで便利に読むために登場するのが・・・。

EPUBを読むには

電子書籍の共通フォーマットであるEPUB形式のファイルを閲覧するには、いろいろなリーダーが出ていますが、代表的なものは「Adobe Digital Editions」や「iBook」などがあります。

今更だけどEPUB(イーパブ)ファイルどうやって読むの?

Macユーザなら迷わずiBooksでしょう。
デフォルトでインストールされているアプリですので、PCでもiPadでもiPhoneでも安心して読むことが出来ます!
万が一インストールされていない場合でもAppStoreやiTunesから無料で簡単にインストールすることが出来ます。

WindowsユーザはAdobe Digital Editionsがオススメです。
Adobeによって開発されたEPUBリーダーですがPDFドキュメントも読むことが出来ます。
以下からダウンロード出来ます。
http://www.adobe.com/solutions/ebook/digital-editions/download.html

その他、オンライン上で使用できるEPUBリーダーもあります。
Google Chromeブラウザの場合、Readiumという拡張機能が有名です。
https://chrome.google.com/webstore/detail/readium/fepbnnnkkadjhjahcafoaglimekefifl?hl=ja

Firefoxブラウザの場合、ePUBReaderという拡張機能も!
拡張子が.epubのファイルを受け取ったけれど、どうして開いたらいいか分からないという時には、とりあえず、ブラウザのこういったアドオンは手軽でいいかも知れません。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/epubreader/

企業サイトは急務?!ウェブサイトの価値向上と安心感を高める常時SSL化

企業サイトは急務?!ウェブサイトの価値向上と安心感を高める常時SSL化

「常時SSL」について改めてざっくりとまとめてみます。

「SSL化」とは

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で通信を暗号化する技術のこと。
SSLを利用してパソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぎます。

「常時SSL」が求められるワケ

Googleが2012年3月に検索サイトを常時SSL化しました。
その後、FacebookやTwitterも追随し、Yahoo!JAPANでは去年末から年始にかけて常時SSL化に関する作業に拍車をかけています。

フォームやログインページ、クレジット情報入力ページで、部分的にSSLを適用しているのはよく見掛けますが
サイト全体をSSL化しようという動きが高まってきました。

なぜ?

Googleが常時SSL化への推進を本格開始したから。
そしてまた、公衆Wi-Fiサービスが増加していることも要因の側面にあるようです。

Google ChromeでSSL化していないサイトを閲覧した際に「安全でない接続をしています」等と警告が出るようになります。
その第一弾として、まずサイト内にフォーム、パスワード入力やクレジット情報入力がある場合に警告が出ます。
該当ページがあるなら、対応を進めないと訪問者は不安をおぼえコンバージョン率やエンゲージメントが低下する可能性もありそうです。

セキュリティリスクを低減することで、ユーザーに対して安全性を提示することが求められてきています。
サイト全体にSSLを適用するとなると追加コストが必要ですが、ウェブサイト利用を健全で安全なものにするためにも、サイトの常時SSL化はもう避けられないと言えるでしょう。
特に企業サイトにおける、常時SSL化は必須事項になってきたようです。

ドメイン認証と実在認証

ドメイン認証とはアクセス先のドメインを保証するSSLです。
実在認証には「企業認証」と「EV認証」という2種類があります。
信頼性を高める身元保証が必要となります。
帝国データバンクなどの第三者データベースに対して、組織情報の照会を行い、代表電話番号への電話による実在確認を行います。
EV認証では、最もセキュリティレベルの高い登記事項証明書による確認が行われます。

Googleの検索順位優遇

Googleは2014年に、「HTTPS(暗号化通信)をランキングシグナルに使用します」と公式に発表しています。
いつになるのか分かりませんが、今後、ホームページがHTTPSであるかどうかがSEO(検索順位)の判断基準になりますよ・・・ということですね。

各企業の対応状況

IT関連やゲーム系開発企業などは既に対応しているようですが、いまのところ大手企業も、対応が遅れているところが多々あるようです。
中小企業は、大手に追随する形になるでしょうから、もっと遅れるかも知れません。
しかし、前述しましたように今後は必須事項になってくるかと思います。

ウェブサイトの信頼性は、ECサイトだけでなく、一般の企業サイトなどでも重要度が増してきています。

企業サイトは対応が遅れないように今年は検討すべき時期かも知れません。

地元密着サービスに力を入れていきます

地元密着サービスに力を入れていきます

浦安で仕事を始めて20年

地元で頑張る人を応援して、一緒に大きくなっていきたい!

・・・だから

地元の会社・個人事業主様だけ、2割引でホームページを制作させていただきます。

エクセルでの集計作業を自動化するといった事務効率化に関するご相談やコンピュータ関係でのお困りごとに無料で対応させていただきます。

電話1本ですぐにかけつけます。お気軽にお問合わせください。

Google「常時SSL化」推進の気になる動き 警告を表示!

SEOに関連する大きなニュースです!

Googleは以前より、ウェブサイトのHTTPS化を推奨してきましたが、ここへきて、常時HTTPSをさらに推し進めるようです!

去年あたりから色々なブログでも話題になっていましたが、いよいよ無視できない時期になってきました。

個人情報を送信するフォームページや、クレジットカードで決済するようなサイトでは、セキュリティを高め、安全にデータを通信するHTTPSが必須でしたが、フォームや決済ページだけでなく、ウェブサイト全体を常時SSL化させ、セキュリティリスクを低減することで、閲覧者に対して安全性を提示することが求められてきています。

去年末から年始にかけて、Yahoo!ショッピングも常時SSL化の対応に追われていました。

未対応サイトでは警告を表示

Googleが提供しているブラウザ(Google Chrome)で閲覧した際に、そのページがHTTPSでなければ「安全ではない」といった内容の警告を出すとのこと。

Google ChromeはIEに次ぐシェアを持っているブラウザですので無視出来ませんね。

しかし、現在はまだ警告は出ません。
じゃ、いつからアドレスバーに警告が出るのか?
Google Chromeのバージョン56からだそうです。
現在の最新バージョンは55.0〜ですので、できるだけ急がねばと思っているところです。

Google Chrome

検索ランキングへの影響は?

Google検索

Googleは、常時SSL化を強く推進していますが、今のところ、検索ランキングに対する影響はないようです。

しかし、これまでのGoogleの動向を見ていますと、近いうちに、警告が表示されていても対応を行わないサイトは、ランキングにマイナス評価を与えるようになるのでは?!・・・と考えます。

もちろんSEOも大事ですしランキングも気になりますが、今後はウェブサイトの利用を健全で安全なものにするためにも、サイトの常時SSL化避けられないのかも知れません。

制作事例

私たちウェブフィールドが手がけたホームページ制作事例の一部をご紹介いたします。

東京、千葉、埼玉を中心に関東一円、その他、長野、京都、秋田など出来る限り訪問し全国のお客様に対応しております。

  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績

MORE