情報発信
Information

サーバとドメインの管理について

サーバとドメインの管理について

サーバやドメインの管理は制作会社に依頼せずとも、お客様が管理することができます。
ご自身で管理される場合には以下のような管理会社が考えられるかと思います。

【よく使われる人気のサーバ管理会社】
・さくらインターネット
・お名前ドットコム
・ロリポップ
・エックスサーバ
・ヘムテル

【よく使われる人気のドメイン管理会社】
・さくらインターネット
・お名前ドットコム
・ムームードメイン
などなど、、、、

 

お客様のランニングコストができるだけ安くなるように、これまで弊社では制作のみで保守管理などは行なっておりませんでした。

確かにお客様の負担は少なくなります。

しかし、これまでのお客様の中には管理しきれずサイトを失ってしまうパターンもありました。

せっかく作ったホームページをみすみす失ってしまうのは何とも悲しく、しかも勿体無いです。

制作費が掛かっているのですから・・・・。

自分で管理する場合のメリット、デメリット

サーバとドメインを自分で管理するメリットとしては
・ランニングコストが安くなる
・自分で管理するので、なにかあってもすぐに対応できる(もちろんご自分で対応する必要があります)

などが考えられます。

サーバとドメインを自分で管理するリスクとしては、上記しましたように
・料金の支払いを忘れるなどして、サーバやドメインを失ってしまう
・ホームページが表示されなくなる可能性がある
・メールの送受信ができなくなる可能性がある

きっちり管理なさっていれば、こんなことはありませんが、お仕事が忙しくついつい・・・ってことがあるようです。 弊社のお客様もそうでした。

そこで、弊社でも保守管理をさせて頂くことにいたしました。

弊社で管理させて頂きますので少しは管理費を頂戴いたしますが、できるだけ、お客様にとって月々負担のない料金サービスを考えました!

サーバとドメインの管理について

オススメ!保守管理パック

・サーバのレンタル
・サーバ管理料
・メールサポート
・ドメイン料
・ドメイン取得代行料
・ドメイン管理料
・システム、データベース管理料 など一式パックにして月額¥5,000
※2016年7月1日現在の料金設定です。

保守管理パックですと一式パックになっていますのでだんぜんおトクになりますが、ご要望のものだけ選択できるコースもございます。詳細はこちらをご覧頂きお問い合せくださいませ。

基本的には、お客様がサーバやドメインを管理なさることが最善ですが、ホームページを失わないために、弊社がお手伝いした方がいい場合には、お気軽にご相談ください。

ホームページ制作の主役はお客様

ホームページ制作の主役はお客様

ホームページ制作のご依頼を頂く際には、原稿や写真はお客様にご用意頂くのを原則としています。
それは、制作会社に任せてしまうのではなく、お客様にも一緒に作って頂く、ホームページを一緒に育てていくという意識を今一度ご確認頂くためにも重要だと考えています。

お客様自身がホームページ制作について何のプランもない場合には一緒に考え、お客様にも出来ることからお願いしたいと思います。

制作する段階から任せっきりのホームページは、公開後も息が吹き込まれないため、活動を開始せずどんよりしたままです。 トップページを見ただけで、どんよりした空気が漂い閲覧者に悪い印象を与えます

CMSの構築やコーディングやデザインなど、お客様にできない部分をわたしたちがお手伝いし、ホームページ制作の主役はあくまでもお客様だと考えています。

ウェブデザインとは

お客様から頂いた原稿や写真をそのままホームページに反映するだけではWebのプロといえません。
わたしたちは、原稿も写真も最適な形に作り直していきます。

例えば、お客様から頂く写真はスマホで撮影されたスナップ写真が多いですが これをWebに公開するために何時間もかけてレタッチし最適化します。

原稿や素材も、お客様のホームページとして分かりやすくお色直しをすることがウェブデザインだと考えています。

失敗しないために

お客様ご自身もWeb制作チームの一員だと思って頂ければ成功の第一歩です。

ホームページは世界を駆け巡る営業マンです!
出張費が出なくても毎日遠いところで営業しています。

ホームページを作ったまま放ったらかしでは ”ホームページ営業マン” はサボろうとします。
是非ご一緒に ”ホームページ営業マン” のやる気スイッチをオンにしましょう。

ホームページ作成費補助の活用

ホームページ作成費補助の活用

浦安市のご近所江東区では、区内の中小企業や商店等が販路拡大のため新規にホームページを開設する場合、費用の一部を補助してくれるそうです。

補助対象者は?

ア.江東区内に主たる事業所を有する中小企業(遊興娯楽業のうち風俗関連営業、金融業、宗教法人などの業種を除く)

イ.江東区中小企業団体名簿に登録されている中小企業団体

補助対象は?

1.ホームページ作成に係る外部委託費(外部委託の場合)

2.ホームページ作成ソフト(1パッケージ又は1ライセンス)及びその解説本(2冊まで)の購入費(自社制作の場合)

3.新規ドメイン取得費用

4.サーバー利用初期費用(初期設定費用、維持管理費用又は利用料)

その他、補助してくれる金額や申請受付について、申請方法など色々と詳細が書かれておりますので江東区ウェブサイトをご覧くださいませ。

ホームページは必要不可欠なツール

いまやホームページは集客を確保する必要不可欠なツールとなっており、何においてもまずはインターネットで検索する時代です。 ホームページを持っているか否かはビジネスの信用にも直結します!

行政によって補助金の上限等まちまちですし、うまみのあるところそうでないところ色々あるかと思いますが、上手に活用することでビジネスチャンスが拡大するかと思われます。

浦安市はもちろんのこと、江戸川区や江東区、市川市、習志野市、船橋市など近隣地域に密着したWeb制作のお手伝いが出来ればと考えております。

弊社では、補助金をご利用になってのホームページ制作も承っておりますのでお気軽にご相談ください!

WindowsのOSについてサポート終了のお知らせ

WindowsのOSについてサポート終了のお知らせ

MicrosoftではVistaに含まれるInternet Explorer9のサポートが2017年4月まで継続されておりますが、弊社で制作しますウェブサイトにおきましてはこのたび終了させて頂きます。

WindowsのOSは「Windows7」「Windows8」「Windows10」がサポート範囲となりまして、ブラウザにつきましては、Firefox・Google Chrome・MS Edgeのそれぞれ最新バージョンとInternet Explorer11となります。

ただ、2017年4月まではご相談頂きましたら、出来るだけ対応して参ります。

ウェブサイト制作についてはサービス利用規約をご確認くださいませ。

現在の受注状況につきまして

現在の受注状況につきまして

お陰様で、現在、一定のご依頼数に達しておりまして、新規制作につきましてはお待ち頂くことが予想されます。
3月末納品ご希望のご注文に関しては締め切らせて頂いております。
4月以降の受注となりますので、あらかじめご了承くださいませ。
サイト内容によってはお受け出来るものございますが、まずはお問い合せください。

お急ぎの場合ですが、出来るだけお応えしたいと思いますが、質を下げることにもつながりますので納期は余裕を持ってご依頼くださるようお願いいたします。

制作に関するご相談は随時お受けいたしておりますので、お気軽にお問い合せください。

※FC2ブログのデザインカスタマイズサービスは終了いたしました。ウェブサイト制作と合わせてブログカスタマイズご要望の場合にはご相談くださいませ。

IE(Internet Explorer)8 サポート終了のお知らせ

IE(Internet Explorer)8 サポート終了のお知らせ

2016年1月12日、「Internet Explorer 8」のMicrosoft社による製品サポートが終了します。

それに伴いまして、弊社のウェブサイト制作におきましてもIE8の対応を終了させて頂きます。

すでにWindows10が発売され、新しく「Micrsoft Edge」配布も始まっております。
その前にIE11、IE10、IE9、、、というブラウザがありますので
IE8はかなり古いブラウザということになります。

セキュリティ更新プログラムの提供も終了されますし、Microsoft社が最新版にアップデートするよう促していますので、 まだお済みではない方は、お早めのアップデートをオススメいたします。

IE8にさようならいたしましょう!

2015年末年始休業のお知らせ

2015年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り心より御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】
2015年12月29日(火)から2016年1月5日(火)

1月6日(水)より平常どおり営業いたします。

※休業期間中のお問い合わせ・ご相談は、2016年1月6日(水)より順次お返事をさせていただきます。

コーポレートサイトをリニューアルしました

コーポレートサイトをリニューアルしました

このたび、弊社のコーポレートサイト「フィールド」(現:株式会社アップリーチ)をリニューアルいたしました。

大変ご好評頂いておりますデータ復旧サービスや事務効率化支援サービスについても分かりやすく掲載させていただきましたので是非ご覧ください。

フィールドでは、主に汎用系ウェブ系のシステム設計・開発、データ復旧サービス、事務効率化支援サービスなどを行っております。ホームページ制作などウェブサービスの窓口は、こちらウェブフィールドへお問い合せください。

今後も「フィールド」「ウェブフィールド」共に変わらぬご愛顧の程どうぞよろしくお願いいたします。

Googleのモバイルフレンドリーについて

Googleは、以下のように発表していました。

Googleでは、4月 21日より、ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。 この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Googleの検索結果に大きな変化をもたらします。

今日が、まさにその導入の日となりました「Googleのモバイルフレンドリー」

モバイルフレンドリーってなんでしょう?

スマホでWebサイトを閲覧した際に、見やすく分かりやすくなっているかどうかってことですね。
PCサイトをスマホで見た場合、文字もナビゲーションもボタンも小さく表示されタップも困難です。タップしたくないところをタップしてしまい、イライラしたことはありませんか。

Webサイトがスマホに最適化されているかどうかを重要視することは、閲覧者に優しいかどうかに繋がりますね。

スマホ対応していないサイトは、モバイルフレンドリーではないサイトという位置づけのようで、モバイル検索で順位を落とす可能性があるってことです。

実際に、スマホ対応していないサイトでは、ウェブマスターツールから警告メッセージが送信され、その中には以下のような文言が含まれていました。

Google検索でモバイルフレンドリーとは見なされないため、スマートフォンユーザーにはそのように表示、ランク付けされます。

ちょっと含みを持たせていますが、なんとも恐ろしい感じもします(笑)

 

2015_04_21

スマホでGoogle検索した際に、スマホサイトがあるかどうか一発で分かるよう「スマホ対応」と表示されます。

この表示は、昨年12月から導入されているそうですが、これまではただのラベルでした。
今日からはこのラベルが検索順位に影響を及ぼすことになる訳ですね。

GooglebotがWebサイトをクロールした直後から、モバイルフレンドリーのサイトであるラベル付けがされ、アルゴリズムからの恩恵を受けることだと理解していいだろう・・・とのことですので アップデートの頻度が低いサイトなどは、クロールがされにくいでしょうから、スマホ対応を急いだ方がいいかも知れません。

なるほど、2015年は、よりいっそう「スマホサイト」が重要になってくるようです。
スマホ最適化していない場合には、出来るだけ早い内に、スマホ用のサイトを設けた方がいいことは間違いないようです!

サーバメンテナンスのお知らせ

2015年2月16日(月)、サーバのシステムメンテナンスを行います。

サーバが一時的に停止いたしますので、弊社Webサイトをご覧頂けない時間帯がございます。

ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますがご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

制作事例

私たちウェブフィールドが手がけたホームページ制作事例の一部をご紹介いたします。

東京、千葉、埼玉を中心に関東一円、その他、長野、京都、秋田など出来る限り訪問し全国のお客様に対応しております。

  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績

MORE