情報発信
Information

企業のホームページが時代遅れにならないために!

企業のホームページが時代遅れにならないために!

名刺を交換した時や取引を開始する時など、必ずホームページをチェックする時代になりました。
企業のコーポレートサイト(公式サイト)は必須といわれる時代に、

たとえば、

・まだコーポレートサイトを持っていない
・とりあえずホームページはあるけれど更新はほとんどしていない
・ホームページ全体がなんとなく古い印象を拭えない、、、

なんてこともありますね。

時代遅れになってしまった企業のホームページを放置することはマイナスイメージ

「まだコーポレートサイトを持っていない」というのは、企業として時代の流れを察知できないレッテルを貼られてしまう可能性もありますが

・「作ったまま放置し更新をしていない」
・「古くて時代遅れなホームページになってしまった」
という場合でも、以下のような様々なマイナスイメージが付いてまわりますので、早急になんとかすることが望ましいですね!

(1)経営や資金繰りが苦しいのでは・・・と思われてしまう
(2)取引の信用にかかわる

上記しましたように名刺交換時や新規取引開始時には、相手はかならずホームページをチェックします。
そんな時、古いままだと取引先は二の足を踏むことでしょう。
(3)更新頻度が低いためにSEOが下がる可能性がある
ほとんど更新されない状態が長く続きますと、検索結果で上位に位置することは望めなくなります。
検索からの訪問者がなくなり、またドンドン順位は下がるという負のスパイラルに入り込んでしまいます。
(4)新しい情報が更新されないので二度と閲覧して貰えない
「お知らせ」や「新着情報」などの更新日が1年前で止まったままだと、サイト全体の情報も古い印象を露呈してしまいます。
会社概要や商品情報など、掲載している内容に食い違いがあるかも知れないと、閲覧者に心配や疑念を与えてしまいます。
(5)セキュリティ上、閲覧者が不安を感じる
放置されているホームページは、例えば、悪意をもってサイトに侵入したり内容を書き換えたり等の乗っ取りがあっても気づくのが遅れるでしょう。
また、サイトを公開しているサーバの設定なども古いままにしている等、セキュリティを疎かにしていることが予想されます。閲覧者は、そうした企業にお問い合せを送信することに躊躇するのではないでしょうか。
(6)採用情報からいい人材が集まらない
最近は求人ナビサイトから応募する人も増えていますが、そういった人たちは必ず企業サイトもチェックします。 その時に、企業の公式サイトが古いまま、更新がストップしたままだと応募をやめてしまうかも知れません。

弊社の印象では、ココ1〜2年くらいで意識の高い企業はサイトリニューアルを行なっているように思います。
せっかく作ったホームページがマイナスイメージにならないように、日頃からチェック&更新を怠らないようにしましょう。

ホームページのリニューアルを考えるタイミングっていつ?

実際問題、リニューアルするとなると予算が必要になってきますので、そのタイミングは企業ごとに色々あるかと思います。

・創立◯◯周年、記念行事などのきっかけがあるとき
・経営上の刷新で社名やロゴが変わるとき
・新しい商品を宣伝したいとき
などが企業の考えるきっかけでしょうか・・・・。

また、その他に
・あきらかにデザイン面で古く企業のイメージダウンだと感じるとき
・ホームページの機能が劣化してきたとき
なども考えられますね。

洋服のファンションや時代のトレンドは、毎年、加速度的に変化しています。
ホームページも同様に、時代に取り残されないように見直していく必要があるのです。

企業のホームページが時代遅れにならないために!

ホームページは何年で古いと感じる?

そのサイトの品質にもよりますが、大手企業は3年程度でリニューアルしている印象です。
昨今は流行のウェブデザインも変わってきました。
また、スマホやタブレットが増加したことで、レスポンシブウェブデザインという新しい手法が一般的になり、javaScriptなどの技術も新しいものがドンドン出てきています。

企業のホームページも、だいたい3年〜5年程度が見直しの時期ではないでしょうか。
企業や店舗は、時代の流れや変化を敏感にキャッチすることが必要ですね。

企業のホームページが時代遅れにならないために!

新しいSEO対策!コンテンツマーケティングとは

新しいSEO対策!コンテンツマーケティングとは

お客様はSEO対策について大変関心をお持ちで質問をたくさん頂きます。特にキーワードの選定について大変重要だとお思いです。時代が変わってきましてSEO対策についても新しい手法が主流となっています。

むかしのSEO対策

ちょっと前のSEO対策といいますと、被リンクが主だったと思います。
お金を払って被リンクしてもらうことが流行った時代もありました。
しかし、いまは検索エンジンの精度も上がりお金で買った不自然な被リンクはすぐに見抜かれてしまいます。
そんな欺き行為は、返って検索順位が下がることでしょう。

キーワードがどうとか、被リンクとか・・・古いSEO対策だけで、上位に食い込むのはなかなか難しく、SEOのために色々と施したテクニックは、検索エンジンの進化により大きな効果は得られなくなってきました。

コンテンツマーケティングってなに?

SEO対策として主流になってきたのがコンテンツマーケティングです。
優良かつ貴重な情報をサイト内で提供することで、検索による流入を増やす手法です。

・コンテンツの質をあげ、分かりやすい表示や表現を心がける。
・分かりやすい写真や図を効果的に使う。
・ユーザが何を求めて検索しているのか考え、有益な記事を書き公開する。

検索ワードは疑問や関心事。
有益な記事はその答え。

マッチングした時に、多くの人からクリックして貰え、サイトを訪問して貰うことができます。

ファンになってもらう

有益な情報を提供し続けることですが重要であり、訪問者から優良サイトだと認識して貰えればファンになって貰えます。
こういった信頼感や安心感がベースにあれば、お問い合せから成約や購入に結びつくようになります。

新しいSEO対策!コンテンツマーケティングとは

社内にWeb担当は必要か?

具体的にどのようなブログやコンテンツを書けば多くの人から訪問して貰えるでしょうか。

一人では長続きせず更新は滞ります。
社内でWeb担当チームを作ることがオススメです。
もしくは、一人であっても更新する曜日を決めルーティンワークにすることがコツかと思います。
Web更新は片手間ではできません。
仕事の中に組み込むことが重要ですね。

社内にWeb担当は必要です!
そして、会社の代表者や上司がWeb更新を重要な営業作業であることを認識し、とても重要な仕事であることを社内全体で確認する必要があるかと思います。

調査と準備をした記事アップが大事

有益で価値の高い記事を書くには入念な調査や準備が必要となります。

・GoogleSearchConsoleなどを使い検索キーワードの上位に何が上がっているかチェックする
・記事のタイトルは30文字程度
・タイトルは狙っているキーワードやキャッチコピーを使う
・タイトルに具体的な数字を入れると尚Good
・必ず、記事ごとにディスクリプションを設定する
・記事が長くなる場合には目次をつけると尚Good
・参考にした情報がある場合には参考リンクを記述する
・写真や図などを効果的に組み込む
・大事な部分、言いたい部分など文字の装飾をする

その他にも色々とありますが、まずは上記をやって頂き何かしらの感触を感じて頂くことが重要です。

新しいSEO対策!コンテンツマーケティングとは

Googleは何を見ているか

・検索している人の意図を満たしているかどうか
・そのサイトが信頼できるかどうか
・客観的な記事やコンテンツかどうか
・被リンクは正当かどうか
・閲覧する人にとって有益かどうか

色々と難しいことはありますが、すごくざっくりと簡単に言うと
まじめに記事を書いているかどうか・・・ですね。

コツコツとまじめに、いい情報を公開していくこと。
簡単そうでなかなか難しく、だから、みんな右往左往しているのですね。

嬉しかったお客様の声

嬉しかったお客様の声

制作させて頂いたホームページを経由して、最近2件立て続けに問合せから成約に結びついたというお話を伺いました。お客様は大変驚きホームページのおかげだと喜んでくださいました。

また、この2件は共にスマホからの問合せだったそうで、スマホ対応のホームページで本当によかった、これからの時代のことを考えるとスマホ最適化は必須だと実感したと仰っていました。

これには、わたしたちも小躍りするほど嬉しかったです!

狙ったキーワードで記事を書くと、確実に検索上位になっているそうです。

本当に素晴らしいですね。

ホームページの運営って、「工夫する力」というか「知恵」というか・・・そういうのが必要ですよね。

この嬉しい声を寄せてくださったお客様は、任せっきりではなくWeb制作チームの一員という意識をお持ちで、制作時からレスが早く、公開まで大変スムースでした。

レスポンスが早い人は出世しやすいと言われているそうで、ホームページ運営においても、ツールをうまく使いこなせるか否かの指標といってもいいかも知れません。

サーバとドメインの管理について

サーバとドメインの管理について

サーバやドメインの管理は制作会社に依頼せずとも、お客様が管理することができます。
ご自身で管理される場合には以下のような管理会社が考えられるかと思います。

【よく使われる人気のサーバ管理会社】
・さくらインターネット
・お名前ドットコム
・ロリポップ
・エックスサーバ
・ヘムテル

【よく使われる人気のドメイン管理会社】
・さくらインターネット
・お名前ドットコム
・ムームードメイン
などなど、、、、

 

お客様のランニングコストができるだけ安くなるように、これまで弊社では制作のみで保守管理などは行なっておりませんでした。

確かにお客様の負担は少なくなります。

しかし、これまでのお客様の中には管理しきれずサイトを失ってしまうパターンもありました。

せっかく作ったホームページをみすみす失ってしまうのは何とも悲しく、しかも勿体無いです。

制作費が掛かっているのですから・・・・。

自分で管理する場合のメリット、デメリット

サーバとドメインを自分で管理するメリットとしては
・ランニングコストが安くなる
・自分で管理するので、なにかあってもすぐに対応できる(もちろんご自分で対応する必要があります)

などが考えられます。

サーバとドメインを自分で管理するリスクとしては、上記しましたように
・料金の支払いを忘れるなどして、サーバやドメインを失ってしまう
・ホームページが表示されなくなる可能性がある
・メールの送受信ができなくなる可能性がある

きっちり管理なさっていれば、こんなことはありませんが、お仕事が忙しくついつい・・・ってことがあるようです。 弊社のお客様もそうでした。

そこで、弊社でも保守管理をさせて頂くことにいたしました。

弊社で管理させて頂きますので少しは管理費を頂戴いたしますが、できるだけ、お客様にとって月々負担のない料金サービスを考えました!

サーバとドメインの管理について

オススメ!保守管理パック

・サーバのレンタル
・サーバ管理料
・メールサポート
・ドメイン料
・ドメイン取得代行料
・ドメイン管理料
・システム、データベース管理料 など一式パックにして月額¥5,000
※2016年7月1日現在の料金設定です。

保守管理パックですと一式パックになっていますのでだんぜんおトクになりますが、ご要望のものだけ選択できるコースもございます。詳細はこちらをご覧頂きお問い合せくださいませ。

基本的には、お客様がサーバやドメインを管理なさることが最善ですが、ホームページを失わないために、弊社がお手伝いした方がいい場合には、お気軽にご相談ください。

ホームページ制作の主役はお客様

ホームページ制作の主役はお客様

ホームページ制作のご依頼を頂く際には、原稿や写真はお客様にご用意頂くのを原則としています。
それは、制作会社に任せてしまうのではなく、お客様にも一緒に作って頂く、ホームページを一緒に育てていくという意識を今一度ご確認頂くためにも重要だと考えています。

お客様自身がホームページ制作について何のプランもない場合には一緒に考え、お客様にも出来ることからお願いしたいと思います。

制作する段階から任せっきりのホームページは、公開後も息が吹き込まれないため、活動を開始せずどんよりしたままです。 トップページを見ただけで、どんよりした空気が漂い閲覧者に悪い印象を与えます

CMSの構築やコーディングやデザインなど、お客様にできない部分をわたしたちがお手伝いし、ホームページ制作の主役はあくまでもお客様だと考えています。

ウェブデザインとは

お客様から頂いた原稿や写真をそのままホームページに反映するだけではWebのプロといえません。
わたしたちは、原稿も写真も最適な形に作り直していきます。

例えば、お客様から頂く写真はスマホで撮影されたスナップ写真が多いですが これをWebに公開するために何時間もかけてレタッチし最適化します。

原稿や素材も、お客様のホームページとして分かりやすくお色直しをすることがウェブデザインだと考えています。

失敗しないために

お客様ご自身もWeb制作チームの一員だと思って頂ければ成功の第一歩です。

ホームページは世界を駆け巡る営業マンです!
出張費が出なくても毎日遠いところで営業しています。

ホームページを作ったまま放ったらかしでは ”ホームページ営業マン” はサボろうとします。
是非ご一緒に ”ホームページ営業マン” のやる気スイッチをオンにしましょう。

ホームページ作成費補助の活用

ホームページ作成費補助の活用

浦安市のご近所江東区では、区内の中小企業や商店等が販路拡大のため新規にホームページを開設する場合、費用の一部を補助してくれるそうです。

補助対象者は?

ア.江東区内に主たる事業所を有する中小企業(遊興娯楽業のうち風俗関連営業、金融業、宗教法人などの業種を除く)

イ.江東区中小企業団体名簿に登録されている中小企業団体

補助対象は?

1.ホームページ作成に係る外部委託費(外部委託の場合)

2.ホームページ作成ソフト(1パッケージ又は1ライセンス)及びその解説本(2冊まで)の購入費(自社制作の場合)

3.新規ドメイン取得費用

4.サーバー利用初期費用(初期設定費用、維持管理費用又は利用料)

その他、補助してくれる金額や申請受付について、申請方法など色々と詳細が書かれておりますので江東区ウェブサイトをご覧くださいませ。

ホームページは必要不可欠なツール

いまやホームページは集客を確保する必要不可欠なツールとなっており、何においてもまずはインターネットで検索する時代です。 ホームページを持っているか否かはビジネスの信用にも直結します!

行政によって補助金の上限等まちまちですし、うまみのあるところそうでないところ色々あるかと思いますが、上手に活用することでビジネスチャンスが拡大するかと思われます。

浦安市はもちろんのこと、江戸川区や江東区、市川市、習志野市、船橋市など近隣地域に密着したWeb制作のお手伝いが出来ればと考えております。

弊社では、補助金をご利用になってのホームページ制作も承っておりますのでお気軽にご相談ください!

WindowsのOSについてサポート終了のお知らせ

WindowsのOSについてサポート終了のお知らせ

MicrosoftではVistaに含まれるInternet Explorer9のサポートが2017年4月まで継続されておりますが、弊社で制作しますウェブサイトにおきましてはこのたび終了させて頂きます。

WindowsのOSは「Windows7」「Windows8」「Windows10」がサポート範囲となりまして、ブラウザにつきましては、Firefox・Google Chrome・MS Edgeのそれぞれ最新バージョンとInternet Explorer11となります。

ただ、2017年4月まではご相談頂きましたら、出来るだけ対応して参ります。

ウェブサイト制作についてはサービス利用規約をご確認くださいませ。

現在の受注状況につきまして

現在の受注状況につきまして

お陰様で、現在、一定のご依頼数に達しておりまして、新規制作につきましてはお待ち頂くことが予想されます。
3月末納品ご希望のご注文に関しては締め切らせて頂いております。
4月以降の受注となりますので、あらかじめご了承くださいませ。
サイト内容によってはお受け出来るものございますが、まずはお問い合せください。

お急ぎの場合ですが、出来るだけお応えしたいと思いますが、質を下げることにもつながりますので納期は余裕を持ってご依頼くださるようお願いいたします。

制作に関するご相談は随時お受けいたしておりますので、お気軽にお問い合せください。

※FC2ブログのデザインカスタマイズサービスは終了いたしました。ウェブサイト制作と合わせてブログカスタマイズご要望の場合にはご相談くださいませ。

IE(Internet Explorer)8 サポート終了のお知らせ

IE(Internet Explorer)8 サポート終了のお知らせ

2016年1月12日、「Internet Explorer 8」のMicrosoft社による製品サポートが終了します。

それに伴いまして、弊社のウェブサイト制作におきましてもIE8の対応を終了させて頂きます。

すでにWindows10が発売され、新しく「Micrsoft Edge」配布も始まっております。
その前にIE11、IE10、IE9、、、というブラウザがありますので
IE8はかなり古いブラウザということになります。

セキュリティ更新プログラムの提供も終了されますし、Microsoft社が最新版にアップデートするよう促していますので、 まだお済みではない方は、お早めのアップデートをオススメいたします。

IE8にさようならいたしましょう!

2015年末年始休業のお知らせ

2015年末年始休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り心より御礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

【年末年始休業期間】
2015年12月29日(火)から2016年1月5日(火)

1月6日(水)より平常どおり営業いたします。

※休業期間中のお問い合わせ・ご相談は、2016年1月6日(水)より順次お返事をさせていただきます。

制作事例

私たちウェブフィールドが手がけたホームページ制作事例の一部をご紹介いたします。

東京、千葉、埼玉を中心に関東一円、その他、長野、京都、秋田など出来る限り訪問し全国のお客様に対応しております。

  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績
  • 制作実績

MORE